Webマーケティング・SEO

SEO対策とアクセス解析・分析の方法

SEO | クローラーのインデックスを制御

検索エンジンのクローラーにインデックスされたくないページの制御方法。
メタタグ、robots.txt、rel属性による制御があり適切な方法を選択することができます。

SEO | クローラーのインデックスを制御の詳細を見る »

Google Analytics 『イベントのトラッキング』で効果測定

Google Analyticsの『イベントのトラッキング』を利用してリンクやボタンを押された数を計測できます。
任意のカテゴリ、アクション、ラベルの階層を付けて計測が出来、
Webページの改善施策を実施した場合の効果測定や分析に便利です。

Google Analytics 『イベントのトラッキング』で効果測定の詳細を見る »

SEO対策|Google Analytics 『サイトの速度』のレポートを利用する

Google Analyticsに『サイトの速度』のレポート機能が追加されています。
※利用するにはトラッキングコードを変更する必要があります。
表示が遅いページを把握できればサイトの改善に役立ちますね

SEO対策|Google Analytics 『サイトの速度』のレポートを利用するの詳細を見る »

SEO対策|URLの正規化 Canonical (カノニカル) タグ

複数のURLで同じ内容が表示される場合
(例 aaa.com、aaa.com/、aaa.com/index.html、www.aaa.com等)、
canonicalタグをHTMLに記述することで検索エンジンに正規のURLを判断する情報を与えることができるようです。

SEO対策|URLの正規化 Canonical (カノニカル) タグの詳細を見る »

SEO対策|wwwのあり、なしの統一 (301リダイレクト)

サイトがwwwがある場合「http://www.aaaa.com/」とない場合「http://aaaa.com/」の両方でアクセスが可能な場合、被リンクの分散や複製コンテンツとしてマークされてしまう危険性があるため、統一する必要があります。
RewriteEngineが使える場合はhtaccessやhttpd.confに301リダイレクト(永続的リダイレクト)を設定しましょう。

SEO対策|wwwのあり、なしの統一 (301リダイレクト)の詳細を見る »