Google Analytics 『イベントのトラッキング』で効果測定

Google Analyticsの『イベントのトラッキング』を利用してリンクやボタンを押された数を計測できます。
任意のカテゴリ、アクション、ラベルの階層を付けて計測が出来、
Webページの改善施策を実施した場合の効果測定や分析に便利です。

Google Analytics イベントトラッキングの特徴

  • クリックのカウントが計測できる

    FlashやAjaxを使ったページ遷移しない部品やダウンロード数などの計測も可能。

  • イベントを詳細に分析できる

    任意のカテゴリ、アクション、ラベルの階層を付けドリルダウンができる。

  • PVではなくイベントとして計測

    trackPageviewを使う方法ではPV数となる為、他の分析に影響が無い

導入方法

<a href="#" onClick="_gaq.push(['_trackEvent', 'カテゴリ名', 'アクション名', 'ラベル']);">~~~</a>

・追記
autotrack.jsを利用すると自動的にイベントのトラッキングを設定してくれるようです。
※Googleで公式発表されているか不明の為、自己責任でお願いします。

<script src="//www.google.com/js/gweb/analytics/autotrack.js"></script>
<script>
var autoTrack = new gweb.analytics.AutoTrack( {profile: 'UA-XXXXXXXX-1'} );
</script>

関連リンク

  • Google code - イベント トラッキング ガイド