SEO対策|Google Analytics 『サイトの速度』のレポートを利用する

Google Analyticsに『サイトの速度』のレポート機能が追加されています。
※利用するにはトラッキングコードを変更する必要があります。
表示が遅いページを把握できればサイトの改善に役立ちますね

トラッキングコードに追加する内容

■非同期コードの場合
_gaq.push([‘_trackPageLoadTime’]);
■従来のコード
pageTracker._trackPageLoadTime();

米Googleが検索アルゴリズムの1つとしてページ速度を評価することを発表しています。
日本のGoogleの対応は不明ですが遅いページはマイナス評価となる可能性がある為、改善をしましょう

関連リンク