仕事屋の手帳

AirMac+MacBookProでIEEE802.11acの5GHx帯を使う

第5世代Wi-Fi「802.11ac」対応のAirMac Time CapsuleとMacBook Proが揃ったのに、速度が早くなった実感が無いと思っていたら5GHz帯で通信されていなかった。
Air Macユーティリティから5GHzを有効にしたネットワークの作成が必要だったのでその手順です。
AirMac+MacBookProでIEEE802.11acの5GHx帯を使うの詳細はこちら

MacのUSキーボードで入力切替をしやすくする

諸事情によりMACのUSキーボードを使うことになったが、入力切替でcommand + spaceを押すのは指が攣りそうになるし、JISキーボードのcontrolの位置にcaps lockがあり、間違えて押してしまう為使いやすくなるようにカスタマイズする。

MacのUSキーボードで入力切替をしやすくするの詳細はこちら

Mac MavericksにHomebrew+rbenvをインストール

Mac MavericksにCommand Line ToolsとHomebrew、rbenvをインストールする方法。
Mac MavericksにHomebrew+rbenvをインストールの詳細はこちら

WordPressでJQueryが正常に動作しない場合の対処

jQueryを利用しているサイトでWordPressのLightbox 2など特定のプラグインを有効にすると
jQueryとprototype.jsが競合し、$(〜)を利用しているところで正常に動作しなくなることがあります。

衝突を回避する方法は下記のサイトが参考になります。
jQuery日本語リファレンス – prototype.jsと同時に使うには

WordPressでプラグインやテーマのインストールにSSHを利用できるようにする

WordPressのアップデートやプラグイン、テーマのインストールでsshを利用する方法。
管理画面からインストールする場合にFTPとFTPS(SSL)が選択できますが
セキュリティの観点からFTPは止めていることが多いので
ssh2を利用したい場合にPHPのPECL::ssh2をインストールすると
接続方法にssh2が選択できるようになります。

WordPressでプラグインやテーマのインストールにSSHを利用できるようにするの詳細はこちら

WordPress お薦めプラグイン

WordPressには便利なプラグインが沢山あります。
私がよく利用するプラグインをご紹介します。

WordPress お薦めプラグインの詳細はこちら

Apache | ID・パスワード認証(Digest認証)の設定

Webサイトのユーザー認証方法のダイジェスト認証(Digest認証)の設定方法。
特定のディレクトリ以下にID・パスワードを付けた認証を簡単に設定することができます。
Basic認証がパスワードが平文で扱われるのに対し、Digest認証は暗号化して扱われますが
対応しているブラウザが比較的最近のWebブラウザに限られます。
Apache | ID・パスワード認証(Digest認証)の設定の詳細はこちら

Apache | ID・パスワード認証(Basic認証)の設定

Webサイトの標準的なユーザー認証方法の基本認証(Basic認証)の設定方法。
特定のディレクトリ以下にID・パスワードを付けた認証を簡単に設定することができます。
※パスワードが平文で扱われる為、機密性の高いデータへの認証の場合はダイジェスト認証を推奨

Apache | ID・パスワード認証(Basic認証)の設定の詳細はこちら

SEO | クローラーのインデックスを制御

検索エンジンのクローラーにインデックスされたくないページの制御方法。
メタタグ、robots.txt、rel属性による制御があり適切な方法を選択することができます。

SEO | クローラーのインデックスを制御の詳細はこちら

Linux|ディスク容量を確認する(df、du、findコマンド)

サーバのディスクの使用状況の確認方法。
ディスクスペースが不足した場合にdfコマンドやduコマンドを利用して圧迫している原因の調査します。

Linux|ディスク容量を確認する(df、du、findコマンド)の詳細はこちら

Google Analytics 『イベントのトラッキング』で効果測定

Google Analyticsの『イベントのトラッキング』を利用してリンクやボタンを押された数を計測できます。
任意のカテゴリ、アクション、ラベルの階層を付けて計測が出来、
Webページの改善施策を実施した場合の効果測定や分析に便利です。

Google Analytics 『イベントのトラッキング』で効果測定の詳細はこちら

SEO対策|Google Analytics 『サイトの速度』のレポートを利用する

Google Analyticsに『サイトの速度』のレポート機能が追加されています。
※利用するにはトラッキングコードを変更する必要があります。
表示が遅いページを把握できればサイトの改善に役立ちますね

SEO対策|Google Analytics 『サイトの速度』のレポートを利用するの詳細はこちら

Linux|ディレクトリ、ファイルの同期(rsyncコマンド)

rsyncコマンドはファイルやディレクトリのバックアップやミラーリングを効率的に実行することができます。
リモートマシンとの同期が可能、2回目以降は差分のみ同期、削除されたファイルの同期や除外ファイルの指定が可能など便利なコマンドです。

Linux|ディレクトリ、ファイルの同期(rsyncコマンド)の詳細はこちら

Tools|OpenSSH 公開鍵/秘密鍵生成ツール

公開鍵暗号に使われる公開鍵秘密鍵を生成、ダウンロードできます。
鍵ペアの生成にはUNIXの場合OpenSSHのssh-keygenをコマンドラインから利用して生成、
windowsの場合はPuTTYgenを利用して生成しますが、
ブラウザでパスフレーズを入力してダウンロードすることができるツールです。
Tools|OpenSSH 公開鍵/秘密鍵生成ツールの詳細はこちら

Tools|md5ハッシュ値計算ツール

文字列のmd5ハッシュ値を計算した結果を表示します。
(PHPのmd5関数の結果を表示します)
例:仕組屋 <-> 50c826ecbfa4a4e3764bab76286ea8bc

Tools|md5ハッシュ値計算ツールの詳細はこちら

Tools| base64エンコード/デコード

MIME base64 方式でデータを変換(エンコード)、または戻します(デコード)。
(PHPのbase64_encode、base64_decode関数の結果を表示します)
例:仕組屋 <-> 5LuV57WE5bGL
Tools| base64エンコード/デコードの詳細はこちら

Tools|URLエンコード/デコード

文字列を URL エンコードまたはデコードします。
(PHPのurlencode、urldecode関数の結果を表示します)
例:仕組屋 <-> %E4%BB%95%E7%B5%84%E5%B1%8B

Tools|URLエンコード/デコードの詳細はこちら

Tools|htmlエンティティ変換 エンコード/デコード

HTMLで特殊な意味を持つ文字をHTMLの表現形式に変換(エンコード)、
またはHTML エンティティを文字に戻します(デコード)
(PHPのhtmlentities、html_entity_decode関数の結果を表示します)
例:’&’を’&amp’、'<‘を’&lt;’、’>’を’&gt;’など
Tools|htmlエンティティ変換 エンコード/デコードの詳細はこちら

WordPress|詳細画面に同一カテゴリの記事一覧を表示

WordPressの記事詳細画面に同じカテゴリの記事一覧を表示して
関連する記事への導線やSEOとして内部リンクのメッシュを作る意味でも付けると良さそうです。
WordPress|詳細画面に同一カテゴリの記事一覧を表示の詳細はこちら

WordPress|カテゴリの説明を表示(category_description)

WordPressカテゴリを登録する際に説明を入力する項目があります。
“この説明はデフォルトではあまり重要な意味を持ちませんが、これを表示するテーマも中にはあります。”と書いてあります。
この内容を表示できるようにする方法のメモです。
WordPress|カテゴリの説明を表示(category_description)の詳細はこちら

WordPress|子サイトの情報を表示する(switch_to_blog関数)

WordPress3.0以降マルチサイトが利用可能になりました。
総合TOPページに子サイトの記事一覧を表示したい場合に対象サイトのRSSを表示する方法もありますが
switch_to_blog(id)関数を利用するとネットワークを介することなく自由にデータを取得できて良さそうです。

WordPress|子サイトの情報を表示する(switch_to_blog関数)の詳細はこちら

WordPress|複数ブログ(マルチサイト機能)を利用する

WordPressを使って複数ブログを管理したい場合はWordPress MUを利用していましたが
WordPress 3.0 からマルチサイト機能が標準で利用できるようになりました。

WordPress|複数ブログ(マルチサイト機能)を利用するの詳細はこちら

SEO対策|URLの正規化 Canonical (カノニカル) タグ

複数のURLで同じ内容が表示される場合
(例 aaa.com、aaa.com/、aaa.com/index.html、www.aaa.com等)、
canonicalタグをHTMLに記述することで検索エンジンに正規のURLを判断する情報を与えることができるようです。

SEO対策|URLの正規化 Canonical (カノニカル) タグの詳細はこちら

Linux|メモリ使用状況の確認

メモリ不足が原因でスワッピングが頻繁に発生している場合、メモリと比べ低速なディスクへのアクセスが発生しパフォーマンスが劣化するため、メモリの使用状況を確認をします。

Linux|メモリ使用状況の確認の詳細はこちら

SEO対策|wwwのあり、なしの統一 (301リダイレクト)

サイトがwwwがある場合「http://www.aaaa.com/」とない場合「http://aaaa.com/」の両方でアクセスが可能な場合、被リンクの分散や複製コンテンツとしてマークされてしまう危険性があるため、統一する必要があります。
RewriteEngineが使える場合はhtaccessやhttpd.confに301リダイレクト(永続的リダイレクト)を設定しましょう。

SEO対策|wwwのあり、なしの統一 (301リダイレクト)の詳細はこちら

Linux | サブディレクトリも含めて特定文字の含まれるファイルを探す(find xargs grep)

grepを使って検索する場合にワイルドカードを利用(例:”*.txt”)してもカレントディレクトリのみが対象となるため
サブディレクトリの中のファイルも検索対象とすることができませんが、
findとxargsとgrepを組み合わせて利用することでサブディレクトリも対象とすることができます。
Linux | サブディレクトリも含めて特定文字の含まれるファイルを探す(find xargs grep)の詳細はこちら